2010年08月08日

続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。(戸田智弘)ブック指数 byヤングキャリアコンサルタント

続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。(戸田智弘)ブック指数 byヤングキャリアコンサルタント

--------------------------------------------

知ろうとする

単に「知らないから興味がない」

だけのことのほうが多い

続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。

--------------------------------------------

人でも企業でも自分の知らないものを

好きになることはありません。

自分が知らないのに

「自分には合わない」「嫌い」

と勝手に決めつけてしまうのは

よくないのではないでしょうか。

まずは知ることから始めましょう。

あなたは知ろうとしていますか?

続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。
戸田 智弘

続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。
働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。 僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由 (文春文庫) 働くということ −実社会との出会い− (講談社現代新書 (648)) NHK「トップランナー」仕事がもっと面白くなる「プロ論」30 (知的生きかた文庫 え 13-2) なぜあの人は楽しそうに働くのか



□ポストイット枚数:14枚
□ページ数:236ページ
□ブック指数:0.83

ブック指数とは1ページ当たりの価値を表し、感動して貼ったポストイットの枚数2乗÷ページ数で算出しております。1以上だと読む価値がある可能性が高いです。


4534046278今度こそ「なりたい自分」になる夢ノート



ジュンク堂楽天本やタウンセブンアンドワイ紀伊国屋


4534044410質問に答えるだけでエントリーシート・履歴書がすぐ書ける 受かる!自己分析シート


ジュンク堂  ⇒楽天LIBROセブンアンドワイ紀伊国屋


受かる! 面接力養成シート受かる! 面接力養成シート


ジュンク堂楽天本やタウンセブンアンドワイ紀伊国屋



続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。 オススメの言葉


働く理由=お金+やりがい

ある職業に就きたいと宣言するのであれば、その職業を知っていなければならない

単に「知らないから興味がない」だけのことのほうが多い

「半農半X」というライフスタイルを提唱している

自分の興味を「名詞」だけではなく「動詞」で考えてみよう

もうひとつの方法は「やりたいこと」はとりあえず横に置いて、まずは「できること」の中に入り、仕事力を身につけていく方法だ

一流の意味がわかる人の事を、二流っていうんだよ

人間は、結局、ここだけは死んでもゆずれないぞ、という船を守っていくしかないんだ

どんな仕事をしていようと、どういう身分であろうと、悟ることができるのだ いつもつぎのことを考えなさい いま自分は何をしているのか 自分のしていることは 自分にとって大事なことなの 人にとって大事なことなのか そして大勢の人にとって大事なことなのか 国じゅうの人にとって大事なことなのか 世界の人にとって大事なことなのか この自然にとって あらゆる生きものいとて 大事なことなのかよく考えなさない そしてもしそうでないと思ったらやめるがよい なぜならこの世ののものは みんなひとつにつながっているからだよ(手塚治虫 ブッダ)

毎日の生活が順風満帆に進んでいる時、私たちの意識は向けられない。胃の調子がよいときは、胃の存在がまったく気にならないのと同じだ。ところが、何らかの逆境に立たされたとき、たとえば、自分はこうしたいのに世の中はそれを認めてくれないとか、自分はそれをしたくあにのにまわりがそれを要求してくるとかいうとき、自分の意識は自分に向かう

他者を見下すことで自分の位置を相対的に上げてみせるというトリックが隠されている。これが「仮想的有能感」と呼ばれる自信である

キャリアを外的基準で見たときに「キャリアアップ」という表現がでてくる。そして、キャリアアップできれば成功、キャリアアップできれば失敗となる。しかし、内的基準に焦点を合わせると「キャリアにアップもダウンもないようね」という話になり、そこで問題になるのは「自分らしいキャリアか、自分らしくなキャリアなのか」

不可能は神が決める。しかし不可能を可能にするのは人間の意志のみだ

無駄と遠回りほど価値あることはないのだ



【五行歌】

何が起きても 笑った分だけ 幸せがある 泣いた分だけ これからがある

by ココロにしみる五行歌   ⇒自己分析セミナー  ⇒面接セミナー
posted by ヤングキャリアコンサルタント at 10:22| Comment(0) | ブック指数
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。